韓国での日本代表『日の丸ナシ』に立川志らくが反論 「その通り!」「いい意見」の声

玩游戏 2019-08-30

【カンタンにいうと…】 ・2019年8月28日、『2019 WBSC U-18ワールドカップ』に出場するため、日本代表が韓国に入国。 ・日韓関係を考慮し、高野連は選手のポロシャツから日の丸と『JAPAN』のプリントを排除。

2019年8月28日、18歳以下の各国代表が出場する国際大会『2019 WBSC U-18ワールドカップ』のために日本代表の選手が韓国に入国しました。

去年まで、日本代表は日の丸や『JAPAN』の文字がプリントされた紺色のポロシャツを着用していましたが、今年の代表選手は白い無地のポロシャツを着用。

その理由について、日本高等学校野球連盟(以下、高野連)の事務局長はこのように述べました。

こういった情勢ですので、「日本っていうのを前面に押し出すのはやめたほうがいいんじゃないか」と、(高野連の)みんなで相談しまして。

できるだけ韓国のみなさんの心情に配慮して、こういうことに至ったと。

 ーより引用

日本政府は同日に輸出管理で優遇措置を取っている『ホワイト国』から韓国を除外し、韓国政府から強い批判を受けています。

また、韓国で日本人女性が暴行を受ける動画がネットで拡散されるなど、日韓関係の悪化が進んでいると考えられています。

そのため、高野連は「球児たちの安全のため、日本の選手であることを前面に出さないように配慮した」といいます。

高野連の『日の丸配慮』に、立川志らくが反論

同月29日に放送された情報番組『ひるおび!』(TBS系)では、今回の『日の丸配慮』について特集。

同番組が韓国で行った取材によると、韓国人からは「配慮はありがたいけど、そこまでする必要があったのかなと」「政治的なことは政治的なことで、スポーツに持ち込むべきではない」といった声も上がっているといいます。

コメンテーターとして出演している落語家の立川志らくさんは、真剣な表情でこのように意見を述べました。

「スポーツに政治を持ち込んじゃいけない」といっているのに、高野連が勝手に気を利かして持ち込んだとしか思えないですよね。

別にそんなテロをやってる場所に行くわけでもなんでもないんで、高校生たちには全然関係ないわけで。『JAPAN』を隠して日の丸を隠す必要はまったくない。

だって逆にいったら「そんな危険な場所に子どもたちを連れて行くのか」って考えだってできるわけで。

そりゃ韓国の人だって「配慮してくれてありがたい」なんて意見もあったけれども、我々はそんなことしませんよ。

一部そういう過激なのがいるかもしれないけれども、韓国全体は日本人のことをそういうふうに思ってるって思われちゃってるってことですからね。

向こうの人だって本来怒るべきだし、だからこれはもう普通に堂々と行けばいいだけのことですよね。「何配慮してるんだ」って。だって関係ないんだもの、スポーツの世界では。

 ーより引用

スポーツに政治を持ち込み、出場選手たちを巻き込んだ高野連を強く批判した志らくさん。

また、今回の判断は「韓国は危険な場所であり、韓国人は全員過激だと日本人は思っている」という印象を与えかねないと指摘しました。

志らくさんの持論に対し、ネット上からは共感する声が相次いでいます。

・これを韓国への配慮というなら、志らくさんのいうように向こうにも失礼だと思う。

・気を利かせたというより、万が一何かあった時の責任逃れのように感じる。

・選手の安全を考慮したというなら、そのような国へ行かせること自体が問題では?

日本の代表として出場するにもかかわらず、その証を身にまとうことができないのは出場選手にとっても悲しいことでしょう。

各国の選手たちには、政治から離れたスポーツの世界でのびのびと戦ってもらいたいものです。


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁
您可能会喜欢

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示