韓国大統領、強く日本批判 態度変化なく、強硬回帰

玩游戏 2019-08-30

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日の閣議で「過去の過ちを認めも謝りもせず、歴史を歪曲(わいきょく)する日本政府の態度が被害者たちの傷や痛みをこじらせている」と批判した。島根県の竹島についても「日本の帝国主義による侵略によって最初に犠牲になった」とした上で、日本が「自身の領土だと根拠のない主張」をしていると強調した。

文氏は、日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の「光復節」の演説では、日本への対話呼び掛けに重点を置くなど批判のトーンを落とした。しかし、日本政府が28日に輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外するなど態度の変化がなかったことを受け、強硬姿勢に回帰したとみられる。(共同)

ネットの反応:

 謝っても許さないといい、それでいて謝れ、という。
もう、関わらなくて良いよ。

この方たちはウソでも大きな声で言い続ければ勝ちにつながると思っています。
粛々と真実だけを、韓国、中国以外の方々に知っていただく努力をしましょう。
この方たちの相手は必要ありません。

 良いですね〜。僕は文大統領を支持します。そして歴代大統領の歴史を辿る事を信じています。そのまま頑張れ〜

北の友人になりたかったのに、
北のポチにもなれなかった可哀想な大統領。


ここで耳目を集めて来たる選挙を乗り切らないと、前例に違わず更に悲惨な未来が待ち構えています。
必死なのでしょう、実に哀れです。

日本の過去の過ちはただ一点、戦争に負けた事だ。これについては心からお詫びする。

 


加入好友,隨時分享有用經驗!
搶先看最新趣文,請贊下面專頁
您可能会喜欢

喜歡就加line好友!!!

添加好友
點擊關閉提示